博多曲物の
できるまで

博多曲物 柴田玉樹 「曲物の製作工程」

博多曲物の製作工程

側板制作

1

用いる杉材。最低1年以上乾燥させて使う。

2

側板の切り口を整える。

3

側板の荒削り。木の目を読み、0.5mmずつ削る作業を繰り返す。

4

湯槽に湯を沸かす。

5

つくるものに応じて側板の幅を決め断裁する。

6

同様に、側板の長さを決めて断裁する。

7

表面を0.1mmずつ削る作業を繰り返し、作るものに応じた薄さに仕上げる。

8

厚みをチェックする。

9

板の端の重ね合わせる部分に鉋(かんな)をかけて削り、なめらかにする。

10

煮立った湯に側板を浸け、アクを抜きながら10〜30分ほど煮る。

11

柔らかくなった側板を引き上げる

12

巻木(まきぎ)に素早く巻き付け、反対からも巻き付けて曲げる。

13

板の端を重ね合わせる。

14

合わせ目を木挟ではさみ、かたちを整える。

15

4〜5日間、日陰で乾燥させる。

16

重なる部分に糊を塗り、乾いたら縫錐(ぬいぎり)で孔(あな)をあけ、桜の皮で綴じる。

17

綴じ終わったら、底板をはめる。仕上げに磨きをかけ、水を入れるものは塗装し、絵付けするものには絵を描く。

絵柄は松竹梅や鶴亀など、伝統の吉祥柄が多い。下描きなしで、直接筆を置いていく。

ポッポーお膳の枠製作

1

ポッポーお膳(檜材を使う)や三方などの角物は側板を煮ず、曲げる箇所に細幅の切り込みを入れる。

2

切り込みを入れた部分に熱湯をかける。(杉材を使う場合は、アクが強いので全体に熱湯をかける)。

3

手早く曲げる。

4

合わせ目を木挟ではさむ。

5

乾燥させ、桜皮で綴じ、底板をはめ、絵付けして仕上げる。

柴田玉樹(しばた・たまき)略歴

昭和36年(1961) 福岡市東区馬出に生まれる
昭和56年(1981) 筑紫女学園短期大学卒業
昭和58年(1983) 本格的に曲物づくりの修業を始める
平成 7年(1995) 17代柴田玉樹(父)の死去に伴い、家業を継ぐ
平成19年(2007) 18代柴田玉樹を襲名
東京、京都、福岡など各地で伝統工芸展等に出品を重ねるほか、
「『博多町家』ふるさと館」で毎週月曜日、実演を行っている。
博多伝統手職人連盟会員、民芸協会会員